大阪の美容整形で「だんご」鼻治療

美容整形は魔法ではありません

悩みのだんご鼻対策法とは

悩みのだんご鼻など鼻の形成に関する治療方法の案内。手術料金、Q&A等。適正価格で評判の東京、大阪で鼻の医療が受けられる美容整形の案内。人気の鼻尖形成術のほか、鼻整形について詳しくご紹介します。

悩みのだんご鼻対策法とは

だんご鼻でお悩みの方にぴったりの治療方法が鼻尖縮小手術です。
鼻尖縮小手術は、鼻先が大きく丸くなっているのを治療する術です。治療の方法はいくつかあり、その原因によって手術の内容が変わってきます。鼻尖軟骨が左右離れていることから鼻が大きくみえる場合もありますし、その軟骨が発達して大きいために丸くみえる場合もあります。また、鼻先の皮膚が厚いことでも鼻が大きく丸く見えるようになります。
一般的な方法としては、一部の鼻尖軟骨を切除し、そして左右の軟骨の間の組織を除去、さらに左右の軟骨を寄せるという手術になります。また、場合によっては鼻先に軟骨を移植することもあります。これらを総称が鼻尖形成術や鼻尖縮小術となるのです。

詳細はこちら

はなすじを通す隆鼻術とは

世間でよく話題になるプチ整形。これは切らない治療としてお手軽ですが、施術した方のなかには鼻の皮膚の肥厚による変形が認められます。このような症状は、何度も繰り返し注入された方や吸収されないヒアルロン酸が入った方に多く見られるようです。残念ながら、注入されたものを簡単に除去するのは難しいことです。
また、鼻先や小鼻など気になる部位を慎重に処置するには、プチ整形だけでは満足のいく結果は得られません。
実際は、その人それぞれの希望にあわせた、いろいろな鼻の手術があります。鼻の手術のうち鼻筋をだしたいという希望が一番多いですが、ダンゴ鼻の修正・鷲鼻修正・鼻の孔を小さくしたいといった様々な鼻の修正手術があります。

詳細はこちら

鼻の手術 その他の治療について

だんご鼻修正や隆鼻術のほかにも鼻の治療はいろいろあります。
ここでは、その治療についてご説明します。

●小鼻縮小術(あぐら鼻・獅子鼻の修正)

小鼻がふくらんでいて大きいとお悩みの方に適した治療法です。小鼻縮小には2種類の方法があり、鼻の中からする方法と外も含めて切除する方法があります。効果がより期待できるのは、鼻の外から張り出した小鼻を切除する方法です。
ただ、傷が残るのが心配、という方もいらっしゃいますので、そのような方には内側の切除のみにします。しかし、標準的な方法は、Weir法といって外から切除する方法です。傷については、抜糸後に少し傷がピンク色になりますが、時間とともに目立たなくなっていきます。抜糸は5日後に行います。それまでの間は小さい肌色のテープをはります。

●整鼻術(鷲鼻修正)

鷲鼻は魔女鼻などと言われる場合もあり、コンプレックスを感じて治療したいという方が多くいらっしゃいます。これは、ハンプとよばれる鼻筋の高くなっている箇所を削り、鼻骨側方の骨切りを行い鼻骨を寄せて細い鼻筋にする治療方法です。

●鼻柱形成術

鼻を長くみせるための治療です。この治療では、鼻柱部に軟骨移植することで症状を改善します。

●鼻孔底形成術

正面からみて鼻の孔が目立つ方に適した治療です。軟骨を鼻孔上部に移植して皮膚を延長して鼻の孔をあまり目立たないようにできます。

日本美容外科医師会認定医療機関

copyright (c) ゴールドマンクリニック All rights reseaved.